◎ 家庭・生活・文化・教養/風俗・習慣・冠婚葬祭 ◎
19 件の検索結果があります。
2 ページ中の 1 ページの結果を表示します。
1.『正しい供養 まちがった供養』愛するひとを天国に導く方法
大川隆法;死は永遠の別れではありません。「死の意味」から「葬儀の意義」、そして「霊界の真実」まで。亡くなった人が天国に導かれる供養の「心がけ」と「注意点」とは。自分が死んだあとに困らない「生き方」と「心のあり方」とは。供養の「常識」をくつがえす一冊。故人も子孫も幸せになる供養を、わかりやすく解説。本書を一家に一冊常備! プロローグ 死は永遠の別れではない/死別の時 霊との対話による供養の実例 /第1章 あの世への旅立ち/第2章 こんな間違った先祖供養をしていませんか/第3章 正しい供養で故人も遺族も幸福になる/第4章 晩年を生きる心構え/エピローグ まず、一人を救え 全2巻 (17/06/24登録)
2.旧暦どっぷり
松村 賢治著;毎日新聞社 2008年10月 毎日新聞2008年10月5日〜 日曜版連載。旧暦は、中国から日本に伝えられて1400年。繊細な季節の変化と寄り添いながら日本仕様のカレンダーとして定着した。 全2巻 アイサポートKirara (16/07/03登録)
3.ブータン 神秘の王国
西岡京冶・西岡里子;NTT出版株式会社 1998年11月 全3巻 アイサポートKirara (16/05/07登録)
4.ポップカルチャー
宮台真司 松沢呉一;「コギャル語」、「レディースコミック」、「クィア」、「オタク化」、「アダルトビデオ」、「格闘技」など、30のキーワードをめぐって、若者カルチャーにひそむヴィジョンを語る。 全4巻 (15/06/12登録)
5.女性の品格 装いから生き方まで
坂東 眞理子; ふだんの言動に女性としての生き方と品位は、おのずと表われる。良き女性らしさを職場や家庭に持ち込んで欲しいとのねがいで、ビジネスから装い、話し方、恋愛にいたるまで女性としての振る舞い方を具体的にアドバイス。 全3巻 釧路市点字図書館所蔵(貸出は0154−24−7471まで) (09/03/04登録)
6.日本人 数のしきたり
飯倉 春武;日常生活で使われる「数」には、伝統に基づいた意味がこめられている。そんな数にまつわる様々な日本のしきたりを由来とともに紹介した作品。編集者の『日本人のしきたり』に続く第2弾。 全2巻 釧路市点字図書館所蔵(お問い合わせ電話 0154−24−7471) (08/06/12登録)
7.日本人のしきたり
飯倉 晴武;四季を重んじ、人生の節目を大切にする…… いまに残しておきたい伝統の原点をさぐる。正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…にこめられた知恵と心。 全2巻 釧路市点字図書館所蔵(お問い合わせは 0154-24-7471 まで) (08/02/22登録)
8.戒名と日本人
保坂俊司;あの世の名前は必要か。戒名の存在意義を問うことは仏教や葬送儀礼の歴史を理解するにとどまらず、日本人の死生観の真髄に触れ巣ことになるだろう。祥伝社 全4巻 (07/02/25登録)
9.知っておきたい日本宗教の常識
小池長之;日本宗教の変遷からその教えまで。知っているようで、知らなかった日本の宗教。日本文芸社、パンドラ新書 全4巻 (07/02/25登録)
10. 好かれる女性のマナー講座
レディス文化セミナー;ベストセラーズ 1988 全3巻 沖縄国際大学対面朗読室・宜野湾市点訳友の会 (04/03/05登録)
11.霊はあるか
安斎育郎;日本人にとって霊とはなにか?「霊」についてまっとうに考える本。科学者がみずからの輪廻転生観を示しながら、この難題に迫る野心作。 全4巻 2002年 講談社発行 (03/07/28登録)
12.戦後性風俗大系−わが女神たち−
広岡 敬一(撮影・文);遊郭の女、進駐軍の娼婦、赤線地帯の女、ストリッパー、事件の女 ……。 全3巻 つくしの会 (03/06/29登録)
13.食の文化史
大塚滋著;中央公論社 1975 全3巻 (03/06/06登録)
14.冠婚葬祭おつきあい事典
冠婚葬祭の見出し毎のファイルを、表書き、結婚などのカテゴリー別に掲載してあります。 自由にダウンロードして下さい。 全1巻 (03/03/06登録)
15.これで充分マナー事典
マナー事典の見出し毎のファイルを、食事、おもてなしなどのカテゴリー別に掲載してあります。自由にダウンロードして下さい。 全1巻 (03/03/06登録)


てんドリームのロゴ bd.cgi Version 1.00
Copyright (C) 2002-03 By Nigel / Dots-dream Group.(aruaru10_dream@nifty.com
)