◎ 読み物/ その他  ◎
730 件の検索結果があります。
49 ページ中の 1 ページの結果を表示します。
1.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第13回
西角純志;(webあかし2020年2月10日)公判では、今までほとんど語られなかった小中学校・高校、大学の友人・知人や当日勤務の職員の証言、風俗店の女性従業員の調書、理髪店、心理カウンセラーなどの証言が次々と証拠として読まれ、事件当時の全容がほぼ明らかにされた。 全1巻 (20/08/31登録)
2.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第12回
西角純志;(webあかし2020年1月20日)初公判直前に 19歳女性遺族の手記が公表された。何故、 このタイミングなのか。その経緯は、「公判前整理手続き」にまで遡る。 全1巻 (20/08/31登録)
3.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第11回
西角純志;(webあかし2020年1月6日)2020年1月8日から障害者大量殺傷事件の裁判が始まる。3月4日が論告求刑、3月16日には判決が言い渡される。審理の日数は、26日間である。「裁判の迅速化」が裁判員制度導入の目的の一つである。今までほとんど触れられていなかった被告自身の家族関係や幼児期の体験など、どこまで解明されるのか注目したい。 全1巻 (20/08/31登録)
4.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第10回
西角純志;(webあかし2019年12月19日)――元職員の被告接見録にもとづく検証 死刑制度には、個人は人を殺してはいけないが、国家は殺してもよいという大前提が隠れているのだ。この「法」と「法外なもの」の関係に司法はどのような回答を与えるのだろうか。我々は注視しておく必要がある。 全1巻 (20/08/04登録)
5.キャパとゲルダ ふたりの戦場カメラマン
マーク・アロンソン、マリナ・ブドーズ著 原田勝訳;あすなろ書房 2019年9月30日初版、2020年4月10日2刷 ISBN:978-4-7515-2941-6  キャパはゲルダに写真を教え、ゲルダはキャパを、戦場カメラマンとしてプロデュースした。激動の1930年代、夢と理想に燃え、カメラを武器に闘った若き二人の素顔とは…?  高等学校の部 課題図書。 全4巻 (20/07/12登録)
6.魅せる沖縄・私の沖縄論
浅野誠;沖縄とは何なのか。沖縄なのか、琉球なのか。沖縄を巡る歴史的、社会学的、人文的考察。 全4巻 (20/07/02登録)
7.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第9回
西角純志;(webあかし2019年12月6日)2018年の3月のある日、カフカの「訴訟」の中の「掟の門」という短いテキストを大学ノートに貼って、彼と面会した。  被告の犯行予告の衆院議長宛の手紙には、9.11や3.11を予言したともいわれる「イルミナティーカード」の複写5枚、それにイラスト2枚が入っていた。 犯行予告の手紙は、T4作戦の先駆けとなる「クワウナー事件」や「中央公論」(1963年6月号)に連載された 水上勉の「拝啓 池田総理大臣殿」を連想させるものであった。 全1巻 (20/06/30登録)
8.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第8回
西角純志;(webあかし2019年11月21日)フランツ・カフカの長編小説『訴訟』の末尾の大聖堂の章では、逮捕された主人公のヨーゼフ・Kが教誨師である聖職者に呼び止められる。その時、語られるのが『掟の門』という寓話である。このテキストは、法律家にもよく知られており、しばしば、現代思想の焦点にもなっている作品である。 全1巻 (20/06/30登録)
9.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第7回
西角純志;(webあかし2019年11月10日)尊厳死が法制化されるとすれば、国家による生の選別が可能となり、被告の安楽死思想を後押しすることに繋がりかねない。私が最も危惧するのはこのことである。 全1巻 (20/06/30登録)
10. 噺のまくら
三遊亭圓生著;小学館(小学館文庫) 2019年3月 全3巻 アイサポートKirara (20/06/03登録)
11.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第6回
西角純志;(webあかし2019年10月25日)太田典礼は、産婦人科医にして、旧社会党衆議院議員として旧優生保護法の制定に寄与し、「日本安楽死協会」を設立した人物として知られている。その太田典礼が、はじめて安楽死の法制化に言及したのが『思想の科学』(1963年8月)に発表した「安楽死の新しい解釈とその合法化」という論考である。これが安楽死・尊厳死の法制化運動のはじまりである。 全1巻 (20/05/30登録)
12.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第5回
西角純志;(webあかし2019年9月30日)2019年6月2日の日曜日、NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」が放送された。重い神経難病を患っている一人の日本人女性が、安楽死を切望し、彼女の選択と向き合い続けた家族の姿を描いたドキュメンタリーである。番組の説明には次のようにある。 全1巻 (20/04/28登録)
13.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第4回
西角純志;(webあかし2019年8月29日)――元職員の被告接見録にもとづく検証 第4回 2019年7月22日、津久井やまゆり園事件追悼式が開かれた。主催者は、神奈川県・相模原市・かながわ共同会である。追悼式は、事件翌年の2017年から毎年相模女子大学グリーンホールで開催されている。追悼式には、神奈川県知事や県会議員、市町村の議員だけではなく、国会議員の姿もある。 全1巻 (20/04/23登録)
14.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第3回
西角純志;(webあかし2019年7月25日)ー 元職員の被告接見録にもとづく検証 第三回 津久井やまゆり園の事件から半年を経て、NHKは2017年1月26日に「19のいのち」というサイトを立ち上げた。 犠牲となった19人のプロフィールをイラストやエピソードを使って紹介し、関係者のコメントやいろいろな意見を取り上げている。 全1巻 (20/04/23登録)
15.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第1回
西角純志;(webあかし2019年5月29日)――元職員の被告接見録にもとづく検証 第1回 2016年7月に起こった「津久井やまゆり園事件」が問いかけるものはあまりに大きく重い。優生思想、「生産性」をめぐる議論など、われわれの社会を根底から揺さぶるこの事件の思想的課題について、被告との面会記録を踏まえて検証していく。 全1巻 (20/04/23登録)


てんドリームのロゴ bd.cgi Version 1.00
Copyright (C) 2002-03 By Nigel / Dots-dream Group.(aruaru10_dream@nifty.com
)