◎ 読み物/ その他  ◎
720 件の検索結果があります。
49 ページ中の 1 ページの結果を表示します。
1.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第6回
西角純志;(webあかし2019年10月25日)太田典礼は、産婦人科医にして、旧社会党衆議院議員として旧優生保護法の制定に寄与し、「日本安楽死協会」を設立した人物として知られている。その太田典礼が、はじめて安楽死の法制化に言及したのが『思想の科学』(1963年8月)に発表した「安楽死の新しい解釈とその合法化」という論考である。これが安楽死・尊厳死の法制化運動のはじまりである。 全1巻 (20/05/30登録)
2.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第5回
西角純志;(webあかし2019年9月30日)2019年6月2日の日曜日、NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」が放送された。重い神経難病を患っている一人の日本人女性が、安楽死を切望し、彼女の選択と向き合い続けた家族の姿を描いたドキュメンタリーである。番組の説明には次のようにある。 全1巻 (20/04/28登録)
3.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第4回
西角純志;(webあかし2019年8月29日)――元職員の被告接見録にもとづく検証 第4回 2019年7月22日、津久井やまゆり園事件追悼式が開かれた。主催者は、神奈川県・相模原市・かながわ共同会である。追悼式は、事件翌年の2017年から毎年相模女子大学グリーンホールで開催されている。追悼式には、神奈川県知事や県会議員、市町村の議員だけではなく、国会議員の姿もある。 全1巻 (20/04/23登録)
4.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第3回
西角純志;(webあかし2019年7月25日)ー 元職員の被告接見録にもとづく検証 第三回 津久井やまゆり園の事件から半年を経て、NHKは2017年1月26日に「19のいのち」というサイトを立ち上げた。 犠牲となった19人のプロフィールをイラストやエピソードを使って紹介し、関係者のコメントやいろいろな意見を取り上げている。 全1巻 (20/04/23登録)
5.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第1回
西角純志;(webあかし2019年5月29日)――元職員の被告接見録にもとづく検証 第1回 2016年7月に起こった「津久井やまゆり園事件」が問いかけるものはあまりに大きく重い。優生思想、「生産性」をめぐる議論など、われわれの社会を根底から揺さぶるこの事件の思想的課題について、被告との面会記録を踏まえて検証していく。 全1巻 (20/04/23登録)
6.「津久井やまゆり園事件」が問いかけるもの 第2回
西角純志;(webあかし2019年6月25日)――元職員の被告接見録にもとづく検証 第2回 202016年8月6日の午後、東京大学先端科学技術研究センターホールで「津久井やまゆり園」で亡くなった方たちを追悼する集会が開かれた。集会には約200人の参加者が集まったが、冒頭で、真っ先に読み上げられたのが、被害者家族からのメッセージであった。 全1巻 (20/04/23登録)
7.もうひとつの劔岳点の記 −− 小説にも映画にも描かれていない物語があった
山と溪谷社編;山と溪谷社 2009年7月 全3巻 アイサポートKirara (19/12/19登録)
8.不自然が俺を呼んでいる ジャスティンは、ラース・フォン・トリアー監督は、ピロリ菌に感染していなかったのだろうか
帷子耀, 宗近真一郎;「図書新聞」2019年12月7日号、「詩と批評 ポエジーへの応答」イベントレポート(2)。2019-10-23 SPINORギャラリーでのトークイベント 全1巻 (19/12/14登録)
9.もう1度学びたい哲学
小川仁志;いちばんわかりやすい!  いちばんおもしろい! 哲学がわかると物事の本質が見えてくる!」 全3巻 (19/12/13登録)
10.《ワレラガゼッショウ》
帷子耀;思潮社「現代詩手帖」2019年2月号「追悼特集入沢康夫」より 全1巻 (19/12/07登録)
11.マノヤノマ
帷子耀;思潮社『現代詩手帖2019年10月号』、佐々木幹郎特集に掲載 全1巻 (19/12/07登録)
12.クラシック・ゴシップーーいい男。ダメな男。歴史を作った作曲家の素顔
上原章江;偉大な作曲家たちの魅力や意外な弱点・欠点。エキセントリックな姿を女目線で語りつくす!作曲家16人の男性としての魅力を読み解く。 全4巻 (19/10/14登録)
13.神様のファインダー −− 元米従軍カメラマンの遺産
編著 坂井貴美子、写真 ジョー・オダネル;いのちのことば社フォレストブックス 2017年8月 全2巻 アイサポートKirara (19/10/07登録)
14.日本史の内幕 
磯田道史;豊臣秀吉と徳川家康が転機を迎えた「史上最強のパワースポット」とは。秀頼は本当に秀吉の子なのか。著者が発見した龍馬や西郷の書状の中身は。「昭和天皇を育てた男」の和歌集に秘められた思い――。当代随一の人気歴史家が、日本史の謎の数々に迫る。古文書の中から見えてくる、本当の歴史の面白さがここに! 全3巻 (19/07/12登録)
15.杉原千畝 命のビザ
石崎洋司;第2次世界大戦のさなか、リトアニアの日本領事館の領事代理になった杉原千畝。ナチスによるユダヤ人迫害がひどくなる1940年の夏、日本経由で新しい土地に逃れようと、ビザを求めるユダヤ人たちが領事館に詰めかけます。千畝は悩んだ末、日本政府の方針に反し、日本通過のビザを発給し、六千人のユダヤ人の命を救いました。きびしい戦争の時代を、信念と決断力をもち命の大切さを最優先にして生きたひとりの日本人の物語です。 全3巻 (19/06/27登録)


てんドリームのロゴ bd.cgi Version 1.00
Copyright (C) 2002-03 By Nigel / Dots-dream Group.(aruaru10_dream@nifty.com
)