◎ 読み物/ 一般小説  ◎
1524 件の検索結果があります。
102 ページ中の 1 ページの結果を表示します。
1.かいけつゾロリの王子さまになるほうほう
美しいおひめさまがおむこさんを探しているって?  ところが手強いライバルとむずかしい問題が待ち受けていて…。 ゾロリは王子さまになれるのか? 全1巻 (17/09/02登録)
2.小説名探偵コナン 殺人交響曲
谷豊;新たに完成した芸術劇場の、こけら落としコンサートの控え室で起こった殺人事件!!完全犯罪をもくろむ犯人の挑戦に、コナンの推理がさえる!! 全3巻 (17/09/02登録)
3.小説名探偵コナン特別編工藤新一への挑戦状――対決工藤新一VS服部平次
平良隆久;ハロウィンの夜、家々を訪ねて歩く子供達に付き添った新一と平次の目の前で起こった事故!?それを仕掛けた犯人は!?東西の高校生探偵が火花を散らす表題作をはじめ、TVドラマのノベライズ5作品を収録!! 全5巻 (17/09/02登録)
4.棲月 ―― 隠蔽捜査 7 第11回
今野敏著;「小説新潮」2017年7月号掲載   東京・大森署の署長、竜崎が出勤すると、署員の数が少ないようだった。鉄道会社のシステムダウンで電車が止まっているという。そして、引き続き起きた銀行のシステムダウン。これはサイバー攻撃なのか――? 独自の信念を貫く警察官僚を描く人気シリーズ、第7弾。 全1巻 (17/08/30登録)
5.TIMELESS 第16回
朝吹真理子;(新潮2017年8月号)太陽の表面温度は5700℃  鉄がとける温度は1500℃  爆心地の地表温度は、3000〜4000℃  二〇二六年の雨が降っていた。広島で行われたオバマの演説をこよみはイヤフォンできいていた。黒人大統領として就任したということが彼の最も意義ある業績になるだろうなどと就任当時に揶揄されていたっけ。芽衣子さんが誰にいうでもなく言った。 全1巻 (17/08/29登録)
6.TIMELESS 第15回
朝吹真理子;(新潮2017年7月号)そろそろ店番にいかなきゃ。この家の底知れなさを話していたのに、なにもあきらかにならないまま、初子さんは洗面所に行ってしまった。  アオさんに今日してほしいことはおしまい。薄化粧をすませた初子さんが玄関先でトレンチコートを羽織る。見送りながらも、床底がぬけないか、足の指を動かして、ついさぐってしまう。初子さんが、気にすると底がぬけちゃうよ、と冗談めかして言う。 全1巻 (17/08/29登録)
7.TIMELESS 第14回
朝吹真理子;(新潮2017年6月号)チェルノブイリ原発事故の年にうまれたうみとアミは恋愛感情のないまま結婚し、ふたりで「交配」し、子どもをつくる約束をした。そして、南海トラフ地震発生から間もない二〇三五年――。うみとアミの子どものアオ(ぼく)は奈良で十七歳の春を過ごしている。お茶屋の桃さんに頼まれたアオの仕事は「タイムスリップと猫の世話」だった。 全1巻 (17/08/29登録)
8.ピエタとトランジ<完全版> 第6回
藤野可織;(群像2017年7月号)私はピエタ。高校の時、転校してきたトランジと仲良くなった。トランジは頭が良くて、周りで起こる事件を次々と解決するが、じつは、殺人事件を引き起こす体質の持ち主だった。私は医大へ、トランジはT大へ進んだ。私は大学で森ちゃんと知り合った。月日が流れ、二十六歳になった私たちが、海辺の村落での脅迫事件の調査に向かったところ、そこに森ちゃんが現れた。どうやら、トランジの殺人事件を引き起こす体質がうつってしまったらしい。 全1巻 (17/08/29登録)
9.エリザベスの友達 第8回
村田喜代子;(新潮2017年7月号)『みみそらコーラス』の歌の慰問は終わったが、年寄りたちの耳にはまだ消えずに残っていた。翌々日の昼、満州美が『ひかりの里』へ行くと、リビングを通りかかって驚いた。アーリラン、アーリラン、アーラーリヨ・・・と調子外れの歌が聞こえたからである。それも一人ではなくて、合唱だった。信じられるだろうか。 全1巻 (17/08/29登録)
10.真ん中の子どもたち
温又柔;(すばる2017年4月号)4歳の私は、世界には2つのことばがあると思っていた。ひとつは、おうちの中だけで喋ることば。もうひとつが、おうちの外でも通じることば。第157回芥川賞候補作。 全2巻 (17/07/29登録)
11.棲月 ―― 隠蔽捜査 7 第10回
今野敏著;「小説新潮」2017年6月号掲載   東京・大森署の署長、竜崎が出勤すると、署員の数が少ないようだった。鉄道会社のシステムダウンで電車が止まっているという。そして、引き続き起きた銀行のシステムダウン。これはサイバー攻撃なのか――? 独自の信念を貫く警察官僚を描く人気シリーズ、第7弾。 全1巻 (17/07/25登録)
12.四時過ぎの船
古川真人;(新潮2017年6月号)ノートを机の上に見つけた吉川佐恵子は、何もかもを思い出した。彼女は、どうしていつもならば電話を置く台の引き出しにしまわれているはずのノートが机に広げて置かれていつのか、自分が、なぜ何度もいまが何時なのか確認するように時計に目をやっていたのか、ということのすべての理由を思い出したのだった。第157回芥川賞候補作。 全2巻 (17/07/25登録)
13.星の子
今村夏子;小さいころ、わたしは体が弱かったそうだ。標準をうんと下回る体重でこの世に生まれ、三カ月近くを保育器のなかで過ごしたそうだ。第157回芥川賞候補作。 全3巻 (17/07/25登録)
14.影裏
沼田真佑;(文學界2017年5月号)医薬品を扱う企業の岩手支店に赴任した主人公が、職場で出会った友人との交流を釣りを通して描く。第157回芥川賞受賞。 全1巻 (17/07/25登録)
15.アンの青春
モンゴメリ原作、 村岡 花子訳;ポプラポケット文庫 シリーズ・赤毛のアン(2)  ポプラ社 2008年3月 全4巻 アイサポートKirara (17/07/21登録)


てんドリームのロゴ bd.cgi Version 1.00
Copyright (C) 2002-03 By Nigel / Dots-dream Group.(aruaru10_dream@nifty.com
)